情報

情報

日本がいよいよ「先進国」から没落する…日本全体が「スキル不足」という「厳しすぎる現実」

国立社会保障・人口問題研究所が最新の将来推計人口を発表し、大きな話題になった。50年後の2070年には総人口が約8700万人、100年後の2120年には5000万人を割るという。ただ、多くの人が「人口減少日本で何が起こるのか」を本当の意味で...
情報

訪問介護の基本報酬減額は「問題だらけ」 上野千鶴子さん「国が言わない引き下げの狙い」指摘

上野千鶴子(うえの・ちづこ)/社会学者で、認定NPO法人「ウィメンズアクションネットワーク」理事長。介護保険「改悪」についての発信を続ける。女性学のパイオニア 訪問介護の基本報酬が、今年4月から引き下げられた。「驚天動地でした」と語るのは東...
情報

女性皇族、結婚後も身分保持 自民、皇族数確保案を大筋合意

自民党の「安定的な皇位継承の確保に関する懇談会」で発言する麻生太郎副総裁(中央)=同党本部で2024年4月19日午後4時1分、平田明浩撮影 自民党の「安定的な皇位継承の確保に関する懇談会」(会長・麻生太郎副総裁)は19日、党本部で第5回会合...
情報

専門家「基本的には普通の生活を いざ起こったときのために見直しをしてください」 「南海トラフ地震臨時情報」の意味とは(3)

2016年4月に熊本地震が発生してから8年が経ちました。巨大地震への備えについて考えます。 【全3回の(3)】 南海トラフ地震の被害が懸念される宮崎県内では、「南海トラフ地震臨時情報」を正しく理解し、対応することが求められますが、この「臨時...
情報

「あまりにも周知されていない 正しく理解して正しくおそれることを」 「南海トラフ地震臨時情報」の意味とは(2)

2016年4月に熊本地震が発生してから8年が経ちました。巨大地震への備えについて考えます。 【全3回の(2)】 南海トラフ地震の被害が懸念される宮崎県内では、「南海トラフ地震臨時情報」を正しく理解し、対応することが求められます。 発表される...
情報

揺れていなくても「巨大地震警戒」や「注意」が発表された場合は備えて 「南海トラフ地震臨時情報」の意味とは(1)

2016年4月に熊本地震が発生してから8年が経ちました。巨大地震への備えについて考えます。 【全3回の(1)】 宮崎県内では、南海トラフ地震の被害が懸念されますが、南海トラフ地震に関する「臨時情報」というのをご存知でしょうか? 改めて確認し...
情報

1ドル155円接近に政府・日銀は策ナシ 防衛費43兆円は突破確実で忍び寄る「円安増税」

約34年ぶりの円安が一段と進んでいる。為替介入の新・防衛ラインとされる「1ドル=155円」間近だが、政府・日銀は打つ手ナシ。庶民生活に「円安大増税」が忍び寄る。理由は防衛費「倍増」計画の甘い見積もり。想定をはるかに超える円安により、5年で4...
情報

今年度から徴収される「森林環境税」とは? 国民1人当たりの負担、具体的な使い道、課題を専門家が解説

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」(毎週月曜~金曜6:00~9:00)。4月11日(木)放送のコーナー「リポビタンD TREN...
情報

「契約違反やろ」国民年金の納付「5年延長」の試算に批判殺到、支援金は年収400万円で月550円徴収

厚生労働省は、自営業者らが加入する国民年金の保険料について、納付期間を現在の「60歳までの40年」から「65歳までの45年」に5年間延長した場合の試算を検証する方針を固めた。4月11日、共同通信が報じた。 長期的な年金財政を点検する「財政検...
情報

「九州」も他人ごとではない…「南海トラフ巨大地震」が起きたら、「宮崎県」を襲う「激しすぎる揺れ」

30年以内に70~80%と、高い確率で発生が予測されている「南海トラフ巨大地震」。もし発生すれば、西日本全域を巻き込む超巨大災害となる可能性があるとされている。その被害予測は、東日本大震災の10倍ともいわれており、まさに「未曽有の国難」とい...