宮崎県内は7日連続の「猛暑日」 高さ75センチ以上の名物 巨大かき氷は例年以上の売れ行き「あと1か月後、どうなるんだろう。ちょっと恐ろしい」

image

連日暑さの続く宮崎県内ですが、8日で7日連続の猛暑日となりました。
この厳しい暑さの中、あの名物が例年以上の売れ行きをみせているようです。
県内は8日も、高気圧に覆われ、強い日差しのもと気温が上昇。
県内各地の最高気温は、宮崎空港で37℃、高鍋町で36.9℃など、県内は7日連続の猛暑日となりました。

(市民)
「もうやけどします」
「めっちゃ暑いです。暑いので気分だけでも涼しくしようと思って(アロハシャツを着た)」
この暑さの中、人気を集めているのが…

(百姓うどん 岩切宗百店長)

「お待たせしました」

(下川祥子記者)
「大きいですね!すごい何センチあるんでしょうか?!(メジャーで高さを測り)80cmあります!!」

宮崎市の「百姓うどん」で夏場に提供されている名物の巨大かき氷「レインボータワー」。
その高さ、75センチ以上です。

(下川祥子記者)
「冷え冷えで体に染みわたります!おいしい!暑い夏にぴったりすぎます」

(イスラエルからの客)
「おいしいね」

(子ども)
「いろんな味があっておいしい」

(地元宮崎の妻と東京の夫)
「地元がこっちで連れてきたくて」
「こんな山みたいなのが味わえるのはすごいですよね」
「涼しいですね、食べきれるかな

こちらの店では、多い時には、1日およそ400杯のかき氷が売れていて、例年の同じ時期と比べて3割ほど多い注文が入っているということです。

(百姓うどん 岩切宗百店長)
「ずっと(かき氷の)オーダーが止まらないです。猛暑日でもう全然違いますね。出方がかなり異例です。この頃は記憶にないんじゃないかなっていうぐらいで、逆に『あと1か月後、どうなるんだろう』ってぐらい、ちょっと恐ろしい、正直なところ」

暑さの影響で県内では、8日、40代~80代の6人が熱中症の疑いで病院に搬送されたということです。
県内は9日も猛暑日になる見込みで、引き続き熱中症に警戒が必要です。