宮崎、鹿児島、熊本の物流機能を集約 えびの市に大規模物流倉庫 トラック運転手の勤務時間短縮に期待

image
image
image
image

福岡県の企業がえびの市に南九州の拠点となる物流倉庫を整備し、落成式が行われました。
えびのインター産業団地に進出したのは、全国で倉庫事業を展開する福岡県久留米市のマルゼングループ協同組合です。およそ30億円をかけて倉庫2棟が整備されました。
倉庫の延べ床面積は2棟合わせておよそ1万7000平方メートルで、医療機器の販売を手がける福岡県の企業など3社が利用。宮崎、鹿児島、熊本の物流機能を集約し、業務の効率化につなげます。
また、各企業に代わってマルゼングループがトラック輸送も請負い、運転手の勤務時間の短縮が期待されます。
(マルゼングループ協同組合古賀大輔代表理事)
「品目にもよると思いますが、共同配送も可能と思いますし、ロスを無くすことも労働環境の整備になると思いますので、そいういった事のお手伝いを新たなチャレンジとしてやっていきたい。」
倉庫の操業開始は9月以降で、3社合わせて70人程の雇用を予定しています。