[ヤリスクロス]は”リッター30km超”も気になるノイズ!? パンチの効いた[キックス]! 意外にも大きかったコンパクトSUVの差

image

 日本の3メーカー、トヨタ、日産、ホンダが誇る3つのハイブリッドシステム。これをカテゴリーごとに三つ巴で検証してみたい。ここでは、トヨタ ヤリスクロス、日産 キックス、ホンダ ヴェゼルのコンパクトSUVを比較する。
※本稿は2024年5月のものです
文:片岡英明/写真:トヨタ・ホンダ・日産・スズキ・ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2024年6月26日号
※価格帯はハイブリッド車のものです

■3車は実力伯仲! コンパクトSUV対決

image
トヨタ ヤリスクロス(229万5000〜315万600円)。1.5L直3(91ps)+モーター(80ps)のハイブリッド搭載。4WDのリアは5.3ps。WLTCモード燃費:25.0~30.8km/L

 ヤリスクロスは、THSIIと名付けたトヨタ独自の2モーターのストロングHVを採用する。

 エンジンとモーター、ミッションとデフが動力分割機構で連結され、発電機も積んでいるから回生も行う。街中のドライバビリティと燃費がいいだけでなく、高速道路でも優れた燃費を叩き出す。4WDの制御も上手だ。

 ただし、3気筒エンジンは急加速時などのメカノイズが耳触りだし、始動時の微振動も気になる。

image
日産 キックス(229万8600〜321万8600円)1.2Lのシリーズハイブリッド。モーターパワーは136ps(4WD車のリアは68ps)。WLTCモード燃費 19.2~23.0km/L

 キックスのe-POWERはエンジンで発電機を回して発電を行い、その電気でモーターを回して走行するシリーズHVだ。

 エンジンは発電するだけで、走行用動力としては使わない。強力なモーターを搭載していることもあり、発進加速は力強いし、パンチの効いた走りを見せる。滑らかで静粛性も高いが、高速道路での燃費は今一歩だ。

image
ホンダ ヴェゼル(277万8600〜322万1900円)1.5L直4(106ps)+モーター(131ps)のハイブリッド搭載。5月の改良で内外装など変更した。WLTCモード燃費 21.3~26.0km/L

 ヴェゼルは2モーター式のe:HEVを搭載する。基本はモーター駆動だから、滑らかなパワーフィールだ。キックスほど豊かなトルク感ではないが、街中から山岳路、高速道路まで気持ちいい走りを楽しむことができる。実用燃費はキックスの上を行く。

 3車は実力伯仲だ。スポーティな味わいとコスパの高いヤリスクロスに惹かれる。だが、気持ちいい走りとパッケージングのよさを加味するとヴェゼルも魅力的だ。

●トヨタ ヤリスクロス
・走りの楽しさ:★★★★★
・実燃費のよさ:★★★★★
・コストパフォーマンス:★★★★★

●日産 キックス
・走りの楽しさ:★★★★★
・実燃費のよさ:★★★☆☆
・コストパフォーマンス:★★★☆☆

●ホンダ ヴェゼル
・走りの楽しさ:★★★★★
・実燃費のよさ:★★★★☆
・コストパフォーマンス:★★★★☆

【番外コラム】エスクードが国内販売終了……スズキハイブリッドは実力不足だった?

image
2022年にハイブリッド化されたが、2024年4月に国内販売を終了したスズキ エスクード

 エスクードはスズキの主力SUVだったが、日本で販売を休止していた時期もあったからファンに忘れられている。本格的なハイブリッドシステムにスズキ独創のAGSを組み合わせて復活したが、2024年4月に再び日本での販売を打ち切った。

 EV走行できる領域が狭いし、以前のターボほどパワフルでもない。デザインも平凡だ。燃費はそれなりによかったが、AGSも変速にクセがあるのでウケなかった。