【新紙幣を完全解説】世界初の3Dホログラムで偽造防止、キャッシュレス化のなか新紙幣の効果とは

image
20年ぶりの新紙幣(写真:ロイター/アフロ)

2024年7月3日から新しい紙幣の発行が始まります。紙幣のデザインが変わるのは2024年11月以来20年ぶり。新たなお札の顔は、1万円札・渋沢栄一、5千円札・津田梅子、1千円札・北里柴三郎となります。キャッシュレスが急速に進む中での新紙幣にはどんな狙いがあるのでしょうか。新たなお札にはどのような新技術が施されているのでしょうか。やさしく解説します。

20年ごとに「改刷」、前回は偽札が大問題に

 新たな紙幣をつくる「改刷」は財務相と日本銀行、国立印刷局などの関係機関が協議し、財務大臣が最終決定することが法令で決まっています。今回の改刷が発表されたのは、2019年4月。当時の麻生太郎財務相は記者会見で、狙いは偽造防止にあると端的に語っています。

「これまでも紙幣は20年ごとに改刷して、偽造への抵抗力を確保してきた。印刷の開始までに2年半くらいかかる。その後、自動販売機などの機械を変えていかなければならない。準備を考えて合計5年の期間が必要だと判断した」

「造幣局では偽造防止について常に取り組んでいる。前回(2004年)の改刷から14年が経過しており、発行するまで通常5年かかると言われている。毎回20年で改刷しているが、たまたま(令和への)改元と合わさった」


出所:日本銀行・国立印刷局の資料からフロントラインプレス作成

 1万円・福沢諭吉という現行のお札が発行される直前、2004年の前半、日本各地で偽の1万円札(聖徳太子)が次々と見つかり、大きな問題となっていました。石川県の寺社のさい銭箱、大阪市のレンタルビデオ店、東京都内の書店、福井県内の銀行……。兵庫県の川では偽札がまとまって川底から見つかる騒ぎもありました。

 同じ時期、通貨偽造罪・偽造通貨行使罪で多くの人が有罪判決を受けています。その多くは自宅のカラーコピー機を使って偽造紙幣を作っては使用するというものでした。

 関東地方で摘発された8人グループの場合、中国人の男らから500枚近い偽造紙幣を入手し、イベント会場や夏祭り、海水浴場、遊園地などお札のチェックが行われにくい場所で使用。やがて仲間割れが起きると、そのうちの1人は自宅のカラーコピー機を使って約220枚の偽札を作り、市中で使っていたとされています。

 背景にあるのは、カラーコピー機の性能向上でした。1台数万円程度の家庭用でも、見た目は本物と区別ができないくらいの精巧な偽札をつくることが可能になっていたのです。手触りは本物と違っていたとされていますが、お祭り会場などでは、いちいち確かめることもなかったのかもしれません。

福沢諭吉から渋沢栄一に、肖像はどうやって決まる?

 現行のお札は、1万円・福沢諭吉、5千円・樋口一葉、千円・野口英世です。7月3日に始まる新紙幣では、1万円・渋沢栄一、5千円・津田梅子、千円・北里柴三郎となります。

 では、お札の肖像はどのように決まるのでしょうか。国立印刷局の資料などによると、①日本国民が世界に誇れる人物で、教科書に載っているなど一般によく知られていること、②偽造防止の目的から、なるべく精密な人物像の写真や絵画を入手できる人物であること――の2点を軸に決めていきます。当時の麻生財務相は、これら2点に加え、「品格のある顔がふさわしい。軍人や政治家でない、明治以降の文化人や経済人から選んだ」と説明しています。


新たな1万円札の肖像は渋沢栄一(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)

 1万円札の新たな顔となる渋沢栄一は「近代日本経済の父」と呼ばれ、明治時代に日本経済の基礎をつくり上げた人物です。郷里は埼玉県深谷市。明治維新の前年、27歳で幕府の欧州視察メンバーに選ばれ、パリの万国博覧会を視察しました。

 そのとき、日本の近代化には合理的な経済の仕組みが必要だと痛感し、帰国後は日本初の株式組織を静岡で設立。大蔵省の官僚としても活躍しました。

 退官後は実業家となり、第一国立銀行(後の第一銀行、現・みずほ銀行)、東京商法会議所(現・東京商工会議所)、東京証券取引所などを設立したほか、公共事業や教育機関、研究機関などの設立にも深く寄与しています。生涯で設立に関わった企業は約500社、学校や公共事業は約600にも上るといわれています。

 2021年には渋沢栄一が主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」が放送されたため、親しみを感じる人も多いでしょう。

 新1万円札の裏面は、赤レンガ駅舎として親しまれてきた歴史的建造物の東京駅(丸の内駅舎)です。

5千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎

 5千円札の新しい顔は、津田塾大学の創設者として知られる津田梅子です。裏面は古事記や万葉集にも登場し、古来より親しまれてきた「藤(フジ)」が描かれています。


新たな5千円札の肖像は津田梅子(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)

 津田梅子の父は徳川幕府の公式通訳。梅子自身も幼少時から英語に親しみ、6歳で日本初の女子留学生として米国に渡り、11年間を米国で過ごしました。帰国後は華族女学校の教授となったものの、広く女性の地位向上に尽くしたいと考え、再度、渡米しました。そして帰国後の1900年には念願の「女子英学塾」(現・津田塾大学)を創立。生涯にわたって女性教育に尽力しました。

 千円札の北里柴三郎は、明治時代に医学の分野で数々の功績を残しました。「近代日本医学の父」と呼ばれる人物で、1989年に世界で初めて破傷風菌の培養に成功。翌年には破傷風菌の毒素を中和する抗体も発見し、世界で初めて「血清療法」を確立させました。


新たな千円札の肖像は北里柴三郎(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)

 ジフテリアや狂犬病の予防などにも尽力したほか、香港でペスト菌も発見します。また、自身の研究だけでなく、国立伝染病研究所や慶応大学医学部の創設などにも奔走し、教育者としても多大な実績を残しました。

 千円札の裏面は、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の「富嶽三十六景」から名作「神奈川沖浪裏」が描かれています。