【ガーデニング】植えてはいけないグランドカバー?生育旺盛で繫殖力が強い<多年草&低木>5選【最新ヒット見逃し配信】「草取りの方が楽だった…」と後悔するかもしれない地被植物

image

植物がのびのび成長する季節は、雑草もぐんぐん成長しますよね。「草取りが大変だから、雑草対策としてグランドカバーを植えようかな」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、グランドカバー植物の中には、生育旺盛で繁殖力が強すぎるものもあります。知らずに植えると管理が大変で「草取りの方が楽だった」と後悔するかもしれません。

そこでこの記事では、植える前に知っておきたい、生育旺盛で繁殖力が強すぎるグランドカバー5選を参考価格とともにご紹介します。

この記事で紹介する、庭植えすると「後悔するかもしれない」グランドカバープランツ

  • ヒメイワダレソウ(リッピア)
  • ツルニチニチソウ(ビンカ・マヨール)
  • ヒメツルソバ(ポリゴナム)
  • アイビー(ヘデラ)
  • ワイヤープランツ
  • 植えてはいけない?きれいな花が咲くグランドカバー3選

    ヒメイワダレソウ(リッピア)[常緑多年草]

    【写真1枚目/全6枚】ランタナに似たかわいい小花を咲かせる「ヒメイワダレソウ」も実は「増えすぎ注意のグランドカバープランツ」 2枚目以降でも地植え要注意の植物を紹介します!

    春から晩秋まで長い期間、ランタナに似たかわいい小花を咲かせるヒメイワダレソウ。芝生よりも育てやすく、常緑で雑草を抑制し、踏んでも大丈夫など、グランドカバーとしての利点がたくさんある植物です。
    しかし、その利点を上回ってしまうのが繁殖力の強さ。タネの発芽率がよいことに加え、茎からも根を出して繁殖します。地中に残った地下茎からも発芽して成長するため、一度植えると完全に撤去するのが難しい植物です。
    ヒメイワダレソウは、環境省が定める生態系被害防止外来種リスト内の「重点対策外来種」に登録されています。
    ※参考価格:130~650円前後(3号ポット苗)

    ツルニチニチソウ(ビンカ・マヨール)[常緑多年草]

    花も葉も楽しめるグランドカバー植物「ツルニチニチソウ」

    ツルニチニチニチソウが茂っている

    ツルニチニチソウは、春から梅雨前にかけてかわいらしい花を咲かせます。斑入りの品種もあり、花も葉も楽しめるグランドカバー植物。日陰でも育つため、一見使い勝手のよい植物に感じられます。
    しかし強健で成長スピードが早く、伸びたつるからも根を出して広がっていきます。また、ツルニチニチソウには毒があるため、小さなお子さんやペットが口に入れないように注意が必要。茎などの切り口から出る白い液でかぶれることがあるので、お手入れの際は手袋をつけましょう。
    ツルニチニチソウも、環境省が定める生態系被害防止外来種リスト内の「重点対策外来種」に登録されています。
    ※参考価格:250~1100円前後(3~3.5号ポット苗)

    ヒメツルソバ(ポリゴナム)[落葉多年草]

    金平糖のようなかわいらしい花を咲かせる「ヒメツルソバ」

    ヒメツルソバの花。小さく丸い花の色はピンク

    ヒメツルソバは、春から晩秋までの長い期間、金平糖のようなかわいらしい花を咲かせます。秋には紅葉も楽しめるため、季節を感じられるグランドカバー植物です。
    しかし、ヒメツルソバも繁殖力がとても強い植物。地下茎だけでなく、こぼれ種でも増えることから、各地で雑草化しています。タネの発芽率もよく、ブロックやコンクリートなどの隙間でも発芽して成長します。
    ヒメツルソバは、環境省が定める生態系被害防止外来種リスト内の「その他の総合対策外来種」に登録されています。
    ※参考価格:250~650円前後(3~3.5号ポット苗)

    植えてはいけない?葉がおしゃれなグランドカバー2選

    アイビー(ヘデラ)[常緑多年草]

    寄せ植えやリースなどで定番植物の「アイビー(ヘデラ)」

    ヘデラの葉。色は緑。

    さまざまな形の葉や斑入り模様がおしゃれなアイビー。寄せ植えやリースなどで動きを出したり、カラーリーフとして彩りを添えたりと、使い勝手がよく人気のつる性植物です。
    そのため「グランドカバーにしたらおしゃれかも」と思われがちですが、庭に植えると一気に広がってしまいます。とくに、上へ登ろうとする力が強く、家の外壁やフェンスなどに気根を出して張り付きます。はがしても気根の痕は取れず、外壁やフェンスが汚れ、後悔する原因になるでしょう。
    また、カットした茎からも根を出して再生するので、一度植えると撤去が難しい植物です。
    ※参考価格:250~800円前後(3号ポット苗)

    ワイヤープランツ[常緑小低木]

    小さい葉と細い茎がおしゃれな「ワイヤープランツ」

    ワイヤープランツの葉。形は丸、色は緑

    ワイヤープランツは小さい葉と細い茎がおしゃれで、寄せ植えやリースなど、さまざまなアレンジに使われています。
    ワイヤープランツも成長が早く、すぐに地面を覆いつくして壁も登っていきます。つる植物のように見えますが、ワイヤープランツは低木の仲間。茎や根がとても丈夫なため、切るのも抜くのも大変で、カットした枝や根からも再生して成長します。そのため一度植えると駆除が難しい植物です。
    ※参考価格:200~750円前後(3号ポット苗)

    まとめにかえて

    お庭に植えると後悔するかもしれない、生育旺盛で繁殖力が強すぎるグランドカバー5選をご紹介しました。

    このような植物のメリットは、乾燥や病害虫に強く、肥料もほとんど必要としない丈夫で育てやすい植物だということ。
    また、参考価格を見てもわかる通り、比較的安価で購入できる植物が多く、シンプルな品種はとくに安く販売されています。

    もし家にお迎えしたい場合は、グランドカバーではなくプランターで育てて、外に広がらないようにするなど、注意しながら楽しめるとよいですね。

    【ガーデニング豆知識】一年草・多年草・宿根草の違いとは?

    【ガーデニング豆知識】一年草・多年草・宿根草の違いとは?

    一年草、多年草、宿根草の違いとは

    さいごに、宿根草と、多年草・一年草の違いも整理しておきましょう。

  • 一年草:発芽からタネができるまでのサイクルがワンシーズンで完結する植物
  • 多年草:開花後も生長を続け、翌年以降も開花が楽しめる植物。常緑性と落葉性がある
  • 宿根草:落葉性の多年草を特に区別して「宿根草」と呼ぶことがある。開花後地上部分の茎や葉が枯れ、根は生きたまま休眠する。
  • 参考資料

  • 環境省「生態系被害防止外来種リスト」
  • LIMO編集部