宮崎県の自殺死亡率 全国ワースト2位

image
image
image
image
去年1年間の宮崎県内の自殺した人の数は222人で、人口10万人あたりの自殺死亡率は21.5と全国ワースト2位でした。
厚生労働省が発表した去年の人口動態統計によると、県内の自殺者数は前の年より9人増え、222人でした。
内訳では、男性が152人、女性が70人で、男性の自殺者は女性の2倍以上となっています。
また、人口10万人あたりの自殺者数を示す自殺死亡率は21.5人と、全国ワースト2位でした。
(河野俊嗣知事)
「まだまだ尊い命が失われている。それを重く受け止めて、さらに対策を強化しようと指示を行ったところです」
県は4年後、2028年の自殺死亡率を16.5人以下とする目標を定め、今年度から行動計画に取り組んでいます。
自殺者の多い高齢者などへの相談体制を充実するため、県は関係機関と連携し、今年4月から24時間対応の電話相談窓口を設置しています。