霧島酒造 2023年度売上高は531億1287万円 前年度比91.8%2024年6月26日

image

霧島酒造は6月25日、2023年度(2024年3月期)の売上高を発表した。

同社の売上高は、531億1287万円で前年度比91.8%。そのうち本格焼酎の売上高は525億1367万円で前年度比91.6%となった。

2023年3月以降の黒霧島・白霧島の一部商品の販売休止、業務用商品の売上減、消費者の志向の変化など、複数の要因が重なり、売上高は前年度を下回った。主原料であるさつまいもが「サツマイモ基腐病」などの影響で安定確保できず、主力銘柄を十分に販売できなかったことが売上に大きく影響。また、飲食店向けの瓶製品の需要はコロナ禍前の水準には戻っておらず、出荷が伸び悩んでいる。このほか、消費者のライフスタイルの変化や低価格志向などの影響も考えられ、焼酎業界は依然として厳しい状況が続いている。

同社は引き続き、霧島さつまいも種苗生産センター「イモテラス」で育成した健全なさつまいも苗の供給による原料の安定確保に取り組むとともに、販売休止している黒霧島・白霧島の一部商品を8月下旬に販売再開することで、需要回復を図る。

また、7月8日の「KIRISHIMANo.8」の全国発売、「本格麦焼酎霧島ほろる」「本格米焼酎霧島するる」の拡売、インバウンド需要の獲得と海外市場の開拓などを通して、本格焼酎ならではの価値や魅力を発信し、焼酎市場拡大に向けて積極的な取り組む。

なお、本格焼酎の販売石数は、40万5528石で前年度比88.3%。また、本格焼酎の容量別構成比としては、1800mlが78%、900mlが17%、その他5%。本格焼酎のエリア別構成比は、九州地区が28%、西日本地区(中国、四国、近畿、北陸、東海)が35%、東日本地区(関東、東北、北海道)が38%だった。