南海トラフ地震の前兆観測へ 地中のプレートがゆっくりずれ動く現象を観測する「ひずみ計」 産業技術総合研究所が延岡市に設置へ

image

image

南海トラフ地震につながる地殻変動を捉えようと、国の研究機関の産業技術総合研究所が、プレートがゆっくりずれ動く現象を観測する「ひずみ計」を宮崎県延岡市北方町に設置することが分かりました。
ひずみ計は、地中のプレートの微弱な伸縮を高感度で検知できる観測機器です。
産業技術総合研究所は、これまで全国各地にひずみ計を設置していて、九州では大分県佐伯市に次いで、新たに延岡市北方町にも設置されることが決まりました。
ひずみ計が設置される場所は北方総合運動公園で、延岡市によりますと、公園内に深さ30メートルから600メートルの井戸を3本掘り、その中にひずみ計や地震計などが設置される計画だということです。
得られたデータは、産業技術総合研究所のつくばセンターに電話回線で送られ、南海トラフ地震の前兆をつかむために活用されることになっています。