プーチン氏「ロシア兵器で攻撃される可能性」 ウクライナ情勢で欧米に警告 日露関係にも言及

image

5日、ロシア・サンクトペテルブルクで、各国通信社の代表と会見するプーチン大統領(タス=共同)

ウクライナ侵略を続けるロシアのプーチン大統領は5日、露国内を攻撃できる兵器をウクライナに供与する国があれば、その国と敵対する国や地域にロシアも兵器を供給することを「検討している」と述べた。また、ウクライナに兵器を供与した国の「重要目標が露製兵器で攻撃される可能性がある」と警告した。

露北西部サンクトペテルブルクで5日に開幕した経済フォーラムに合わせて行われた各国の通信社幹部らとの会見で発言した。供与兵器による露国内攻撃を許可した欧米諸国が露製兵器で攻撃される可能性を示唆することで、欧米に対ウクライナ軍事支援の停止や露国内攻撃の許可の取り消しを迫った形だ。

プーチン氏はまた、欧米が兵器供与を停止すればウクライナでの戦闘は2~3カ月で停止すると主張。「欧米はロシアが核兵器を絶対に使用しないと考えている。ロシアの核ドクトリンに何と書いてあるか読んでほしい」とし、国家主権や領土的一体性が脅かされた場合、ロシアは「あらゆる手段が使用可能になる」とも述べた。一方で、ロシアが北大西洋条約機構(NATO)を攻撃する恐れがあるとする欧米側の観測は「ばかげている」と一蹴した。

プーチン氏は、ウクライナ侵略での露軍の損失に関し、「ウクライナ軍より何倍も少ない」と主張。露軍の将兵1348人がウクライナ軍の捕虜となっている一方、ウクライナ軍将兵6465人が捕虜となっていると述べた。

プーチン氏はウクライナ侵略で過去最悪水準となった日露関係にも言及。「ロシアは平和条約の締結交渉の再開を拒否しない」としつつ、そのためには日本が対露姿勢を見直すことが必要だと主張した。また、ロシアが不法占拠する北方領土を将来、訪問する可能性を排除しなかった。

プーチン氏、日本との平和条約交渉拒否せず ウクライナ巡る立場の変更必要

image

6月5日、ロシアのプーチン大統領(写真)は日本と平和条約交渉を再開することを拒否しないとする一方、対話は日本がウクライナを巡る立場を変えた場合に可能になるとの考えを示した。サンクトぺ輝ぶくで同日代表撮影(2024年 ロイター/Sputnik)

[サンクトペテルブルク 5日 ロイター] – ロシアのプーチン大統領は5日、日本と平和条約交渉を再開することを拒否しないとする一方、対話は日本がウクライナを巡る立場を変えた場合に可能になるとの考えを示した。ロシアに戦略的敗北をもたらそうとする呼びかけに日本は加わったと主張した。

サンクトペテルブルクで外国メディアの編集者らと会見した。

プーチン氏は、日本が北方領土と呼ぶ四島に言及し、クリル諸島(北方四島と千島列島)はロシア領の一部だと強調。自身が訪問する計画はないとする一方、訪問しない理由はないとも述べた。

日本が北方領土と呼び領有権を主張する四島は、ロシアが実効支配している。

林芳正官房長官は6日午前の会見で、平和条約交渉に関するプーチン氏の発言について見解を問われ、現下の事態はロシアによるウクライナ侵略に起因して発生しているものだとし、「日本側に責任を転嫁しようとするロシア側の対応は極めて不当で断じて受け入れられない」と批判した もっと見る

ロシアはウクライナに侵攻後の2022年3月、日本の制裁に反発して平和条約交渉を打ち切ると発表した。四島での共同事業も取りやめた。

【モスクワ聯合ニュース】

ロシアのプーチン大統領は5日(現地時間)、サンクトペテルブルクで各国の主要通信社の代表と面会し、「韓国が(ウクライナ)紛争地域に武器を直接供給しないことにした決定を高く評価する」として、韓ロ関係を回復する準備ができていると述べた。

 ウクライナ支援問題を巡り、プーチン氏が韓国を肯定的に評価したのは初めて。このような発言は、北朝鮮とロシアの軍事協力などにより韓ロ関係の緊張が高まる中、先月7日に政権5期目に入ったプーチン氏が韓国に友好的な態度を示し、関係改善の可能性を示唆したものとして注目される。

 プーチン氏は「われわれは韓ロ関係が悪化しないことを希望する。朝鮮半島全体と関連し、両国関係の発展に関心がある」と強調。「われわれ側ではチャンネルが開かれており、協力を続ける準備ができている」と述べた。

 一方、日本に対しては「ウクライナ危機に日本が介入しているのを見ている」として「ウクライナに対する立場を変えない限り、日本と対話しない」と強硬な態度を示した。

 プーチン氏と主要通信社の会見は、新型コロナウイルスの流行によりテレビ会議で行われた2021年以来3年ぶりに開かれた。聯合ニュースのほか、APやロイター、新華社、共同通信などが参加した。聯合ニュースからは朴相賢(パク・サンヒョン)常務が出席した。 

ynhrm@yna.co.kr