トヨタなど5社、認証不正で立ち入りへ 6車種出荷停止

image

自動車などの量産に必要な認証「型式指定」を巡り、トヨタ自動車マツダヤマハ発動機ホンダスズキの5社の計38車種に不正行為が見つかった。国土交通省が関連メーカーに求めた内部調査で3日判明し、同省は道路運送車両法に基づき4日にトヨタへ立ち入り検査を実施する。ほか4社にも順次、立ち入り検査に入る。

  • 【関連記事】認証不正、日本車の信頼に傷 トヨタは170万台対象
  • 国交省はトヨタ、マツダ、ヤマハ発動機の現行生産6車種について、安全性が基準に適合しているか確認できるまで出荷停止を指示した。生産終了分を含めた不正の規模は5社で計500万台超となる。ダイハツ工業や豊田自動織機で発覚した認証不正問題は国内主要メーカーに拡大した。

    国交省は「不正行為はユーザーの信頼を損ない、自動車認証制度の根幹を揺るがす行為で極めて遺憾だ」と強調。車の安全性を左右するものも含め主要メーカーで不正が相次ぐ事態を重くみて、出荷停止や立ち入り検査といった厳格な対応が必要と判断した。各社は不正行為があった車両の安全性に問題はないとしている。

    経済産業省は不正を報告した5社に対し、顧客や取引先への適切な情報提供を求めた。生産停止に伴うサプライヤーへの影響を調査し必要な対策を検討する。

    トヨタは7車種で不正、一部出荷停止

    国交省によると計38車種について、衝突試験車両の加工や安全・環境基準に関わる書類の改ざんが確認された。トヨタは生産中の「ヤリスクロス」など3車種の歩行者保護試験に関し虚偽のデータを提出した。3車種は2023年度に計約12万台販売された。

    「クラウン」といった過去生産車でも衝突試験の際に試験車両を加工するなどトヨタの不正は6つの手法が確認された。豊田章男会長は3日に開いた記者会見で「お客様、車ファン、全てのステークホルダーの皆様に心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

    マツダは5車種、ヤマハは3車種

    マツダは「ロードスターRF」など現行生産2車種を巡り出力試験におけるエンジン制御ソフトの書き換えが判明。ヤマハ発動機は生産中の二輪車について不適正な条件で騒音試験を実施していた。

    国交省が不正の有無に関する内部調査を求めた計85社のうち、5月末時点で68社が調査を終えた。トヨタを含む残りの17社は調査を継続している。

    今後の焦点は出荷停止がいつまで続くかだ。国交省は立ち入り検査と並行し、生産中の6車種について安全性や環境性能の基準に適合しているかを独自に確認する。問題ないと判断された場合は出荷停止を順次解除する。

    過去には立ち入り検査で不正行為の悪質性が高いと判断され、型式指定を取り消されたケースもあった。型式の認証が失われると車を量産できなくなり、生産や出荷を再開するためには型式指定の再取得が必要になる。

    ダイハツは23年12月に立ち入り検査を受け、生産・開発していた全28車種の出荷を停止した。国による検証を経て出荷停止指示が全て解除されたのは約4カ月後だった。3車種については型式指定が取り消され、サプライヤーも含め大きな影響が出た。

    国交省は一連の認証不正問題を受け、有識者検討会で再発防止策を議論している。審査や監査の強化、不正の早期発見の仕組みなどを検討し、今夏の取りまとめを目指す。

    ▼型式指定 自動車や二輪の量産に必要な認証。メーカーが新車を生産する際に国へ申請し、安全基準に適合しているか審査を受ける。道路運送車両法は安全基準に適合しない場合や不正な手段によって指定を受けた場合などに型式指定を取り消せると規定。指定が取り消されると再取得するまで事実上、生産ができなくなる。

    型式指定の認証で不正があった車種
    ▽トヨタ自動車(現行生産車)カローラフィールダー、カローラアクシオ、ヤリスクロス(過去生産車)クラウン、アイシス、シエンタ、レクサスRX
    ▽ホンダ(過去生産車)インスパイア、フィット、CR-Z、アクティ、バモス・バモスホビオ、ステップワゴン・ステップワゴンスパーダ、レジェンド、アコード・アコードツアラー・アコードハイブリッド、フィットシャトル、インサイトエクスクルーシブ、CR-V、フリード・フリード+(プラス)・フリードスパイク、N-BOX・N-BOXカスタム、N-ONE、オデッセイ、N-WGN・N-WGNカスタム、ヴェゼル、グレイス、S660、シャトル、NSX、ジェイド
    ▽マツダ(現行生産車)ロードスターRF、マツダ2(過去生産車)アテンザ、アテンザ(マツダ6)、アクセラ
    ▽ヤマハ発動機(現行生産車)YZF-R1(過去生産車)YZF-R3、TMAX
    ▽スズキ(過去生産車)アルト〔共同〕