ホタル乱舞 幻想的な光の世界・小林市出の山公園

image
image
image

ホタルの名所 小林市の出の山公園で、ゲンジボタルが舞い始め、幻想的な光とともに初夏の訪れを告げています。
霧島連山がもたらす毎秒1トンの湧き水をたたえる小林市の出の山公園。
普段は開放されていない水路沿いの遊歩道では、毎年5月下旬になると日没とともにゲンジボタルが光を灯し始めます。
今年は幼虫のエサとなる巻貝が豊富だったことから、例年よりも多いおよそ3000匹のホタルが飛び交っていて、午後8時ごろをピークに幻想的な光景が広がります。
(小林市商工観光課 松永祐樹主事)
「一瞬言葉を失うというか、きれいだなの一言なので、ぜひ皆さんにもご覧いただきたい、そういう気持ちです」
出の山公園では今月31日から2日間「出の山ほたるまつり」が開かれ、ホタルを観賞できる遊歩道が一般開放されます。