世界三大花木・ジャカランダ 日南市で例年より早く咲き始める 見ごろは6月中旬まで

image
image
image

宮崎県日南市南郷町では、世界三大花木の一つ、ジャカランダが例年より早く咲き始めています。
ラッパのような形で鈴なりに咲く花が特徴のジャカランダ。
日南市南郷町の「道の駅なんごう」やその周辺ではおよそ1000本のジャカランダの木が植えられていて、現在、青紫色の花が咲き始めています。
14日は、すっきりとした青空のもと、訪れた人たちが散策したり、写真を撮ったりしてジャカランダの花を楽しんでいました。
「道の駅なんごう」によりますと、今年は例年に比べて1週間から10日ほど早い咲き始めで、ここ数年で最も多く花の芽がついているということです。
(道の駅なんごう 阪元友美駅長)
「今年は最高だと思う。花芽が今でも付いているが、それが今から咲いていくので今年は期待できる」
ジャカランダの見頃は来月中旬までで、「道の駅なんごう」では今月25日から「ジャカランダまつり」が開催されます。