クルマのバッテリーの寿命は何年? 最近は予兆なしで突然死することもあるので、事前のチェックが大切です

image

より正確に調べるのなら、CCA値=コールドクランキングアンペアー(Cold Cranking Ampere)を測定できるCCAテスターで計測したい

バッテリーメーカーは2〜3年で寿命がくると公表

クルマのバッテリーはエンジン始動をはじめ、ヘッドライトやブレーキランプ、カーオーディオやカーナビなど多くの電装品に電力を供給しています。それだけにバッテリーが上がってしまうとクルマを動かすことができません。出先でパニックにならないためにも事前のチェックが必要です。

最近のバッテリーは前兆が掴みにくい

バッテリーはクルマのパーツのなかでもトップクラスの働き者だ。現代車はEVやハイブリッド車ではなくても電装部品が膨大で、バッテリーに頼っている部分が大半だ。それだけにバッテリーが上がってしまうとお手上げ。JAFのロードサービス出動理由でもバッテリー上がりは不動の1位(2022年度は89万203件)となっている。

寒い時期はバッテリーの化学反応が鈍くなることで容量が下がり、普段から酷使されているはずなので、ドライブシーズン前に、1度バッテリーの健康状態を確認しておくことをオススメしたい。とくにバッテリーの使用年数が2〜3年経っているクルマは要注意。バッテリーメーカーが、自動車用バッテリーの寿命は、2〜3年と公表しているからだ。

バッテリーが弱ってくると

・エンジンがかかりにくい

・パワーウインドウの開閉が遅い

・ライトが暗くなる

・アイドリングストップ車の場合、アイドリングストップしなくなる

といった症状が出るといわれているが、最近の高性能バッテリーは、寿命が尽きる直前まで、しっかり働いてくれるので、前兆が掴みづらく、「突然死」する傾向があるので難しい。というわけで、バッテリーのコンディションを確認するなら、テスターを使うのがベスト。手っ取り早いのは電圧を測定する方法だ。

乗用車のバッテリーは、2.12Vのセルが6つ直列で繋がっているため、満充電時には12.72Vになる。それを基準にエンジン停止から5〜10分後にバッテリーの電圧を測定し、12.4V以上あれば健康なバッテリーだと思っていい。

10.5V〜12.3Vならイエロー信号。充電器で充電すれば元気を取り戻せるかもしれない。そして10.5V以下だと、よほど弱っているか、交換時期となる。より正確に調べるのなら、CCA値=コールドクランキングアンペアー(Cold Cranking Ampere)を測定できるCCAテスターで計測すると、新品時に対し何%劣化しているかがわかるので安心。ディーラーやカー用品店でも、CCAテスターを持っているところは多く、頼めば無料で計測してくれる。

新しいバッテリーを購入する際は、まずバッテリーのサイズと端子の位置を確認すること。それから性能ランクは、純正バッテリーと同等かそれ以上のものを選ぶこと。アイドリングストップ車には専用のバッテリーがあり、充電制御車用のバッテリーなどもあるので、バッテリーメーカーの適合検索で調べて購入することを忘れずに。

リチウムイオンバッテリーは寿命が長いが……

最後にリチウムイオンバッテリーについても触れておこう。リチウムイオンバッテリーは、スマートフォンやノートパソコンなどの電源として広く普及し、身近なバッテリーだ。エネルギー密度や充放電エネルギー効率が高く、軽量・コンパクト、しかも高出力という優れた特性を持つことで知られている。

一般的な鉛バッテリーに比べると、重量は約1/4。寿命は8〜10年といわれ、自然放電がほとんどない。内部抵抗値が低く、放電能力にすぐれていてしかも安定しているので始動性も抜群。

一方で過充電や過放電に弱く、取り扱いがシビア。過放電・過充電の保護装置がないと、バッテリーの膨張、発煙発火など大きなトラブルを引き起こすリスクがある。また可燃性の電解質を含んでいることから発火や爆発の危険性もあり、事故などで大きな衝撃・圧力が加わった場合、変形して内部短絡→発火につながる恐れも……。価格も鉛バッテリーの約4倍もするので、メリットとデメリットがほぼイーブン!?

取り扱いがシビアなことを考えると、クルマ用としてはまだ誰にでも勧められるものではない。