北拉致「帰国へ取り組み強化」 林氏、宮崎市の現場海岸視察

image

青島海岸を視察する林官房長官兼拉致問題相(手前中央)=27日午後、宮崎市

 林芳正官房長官兼拉致問題担当相は27日、宮崎市を訪問し、1980年に原敕晁さん=失踪当時(43)=が北朝鮮に拉致されたとされる青島海岸を視察した。終了後、記者団に「いまだ帰国がかなわず申し訳ない。北朝鮮側への働きかけを絶えず行っており、一層取り組みを強めていく」と強調した。この後、同市内で政府などが開く拉致問題の集会に出席する。

 原さんは80年6月、大阪市から宮崎県に誘い出され、青島海岸から工作船で拉致されたとされる。警視庁は昨年11月、拉致の実行犯として国際手配していた容疑者が死亡したとの情報を、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ韓国警察から得たと発表した。

© 一般社団法人共同通信社