いつかは向き合うことになる❝夜間頻尿❞。医師が教える夜間回数を減らす改善策!

夜間頻尿の正体【第1回】

夜間頻尿の正体

夜間のトイレ回数は、あなたの健康指標です。

image

相談しずらい悩みに答えます!長年患者と向き合ってきた医師が、「夜間頻尿」のメカニズムを解説し、改善策を教える。※本記事は、都田慶一氏の書籍『夜間頻尿の正体』(幻冬舎ルネッサンス)より、一部抜粋・編集したものです。

まえがき

夜間頻尿は男女問わず煩わしいものです。しかし、夜間頻尿ほど奥深い症状はなさそうで、理由を探そうとしても深い闇に包まれています。

本編では、一開業医の視点に立って特に男性高齢者を中心に、生体機能の観点からその正体の謎に迫りたいと思います。そして、高齢者は夜間頻尿に向き合わなければならないのです。

その理由についても追い求めていきたいと思います。全ての男女にとってもその根底に同じ生体機能現象の仕組みが起こっており、女性は前立腺が存在しないだけの違いです。

ただし、男性は前立腺の抵抗と膀胱の収縮とのバランスの影響が強く、女性より厄介です。日常生活の中でどのように過ごしていけば健康的、アンチエイジングに寄与するか、また、その体の仕組みを考えることは夜間頻尿の対策として参考になると思います。

それは代謝、熱放散、睡眠の仕組み、季節的変化、高齢化に向けた生体機能の仕組みなのですが、その変化に対応させる方策を解説する旅にお付き合いください。

当院は泌尿器科専門の施設で平成4年7月に茨木市に開設し、満31年を迎え、それなりに地域医療に貢献してきました。前立腺肥大症、過活動膀胱などの男性排尿障害患者を多く診てきており、それなりの実績を収めています。

私も多くの通院者と同じ世代となり、身をもって夜間頻尿に対応していますので、これまでの経験をまとめておこうと思い立ちました。最も興味ある題目は、「夜間頻尿、夜間回数をいかに減らせるのか?」です。

さらに、夜間頻尿対策の生活指導は、高齢者にとって最も基本となる健康や老化についての対策になるという思いから発したものです。すでに2018年に日本排尿機能学会で当院の成績を発表しており、その考えに従って現在まで継続して診療しています。

多くの通院患者さんからも手応えを十分感じており、高齢者の生体機能からみた臨床現場の現実的な生活指導法として、日常生活で役に立つ実用書、あるいは健康読本としてまとめることにしました。普段の診察室で話すことの説明根拠についても本編の内容を見れば十分理解してもらえると思います。

夜間頻尿対策の生活指導をするうちに、夜間の排尿回数の改善努力が高齢者のアンチエイジングの指標の一つになるのでは、と思い立ちました。夜間頻尿の状態は、死亡率や骨折率だけでなく、老化を防止するチェックポイントとも重なり、深い示唆に富んでいます。

当院では他にあまりみられない考え方をもとに生活指導を行っています。その源が目標達成シートです。夜間頻尿を構成する要素は常識的に排尿蓄尿症状、夜間尿量、睡眠の3つの因子ですが、その他に代謝、高齢者生体機能、夜間多尿、睡眠パターン、生活習慣の生体機能に関係する5つの背景因子を加え、目標達成シート(曼荼羅まんだらシート)を作成しました。

合計8つの因子のそれぞれに8つのキーワードを配置して夜間頻尿の改善の方向性と関連性を浮き彫りにできるように病的因子だけでなく生理的諸現象の背景を取り入れました。それは、夜間頻尿をわかりやすく俯瞰(ふかん)できる効果があります。

各項目のデータをつなぎ合わせて生活指導を行い、当院の学会発表、自由研究の臨床データも混ぜて説明し、治療方針と生活指導の流れについても説明します。

学問的には、夜間頻尿ガイドラインの中に行動療法が生活指導として記載してあります。

しかし、これは大きな壁ではありますが、内容は論文の集合的な生活指導のように感じ、生体機能を加味した総合的な生活指導ではないと思います。当院では治療に付随して一歩はみ出し、目標達成シートに従った生活全般の総合的な生活指導を積極的に行っています。

代謝を上げると効果が上がる理由として避けて通れない問題で、抗利尿ホルモンがどのように関与しているのかについて触れなければならないと思います。そして、夜間頻尿のもう一つの不可解、不確定な問題点として、中途覚醒が原因となるトイレ行動をいかに減らすか、についても挑戦しなければならないと思います。

これを本にして現在の考え方、診療内容をまとめて夜間頻尿の正体に迫る工程表を示しました。内容が独りよがりと思われようが、日々診療で患者さんと話し合ってそれについて検証を続けていますので、確かな手応えを感じています。

夜間尿量と睡眠に関する当院の生活指導の骨子は、季節に適応して運動や入浴で代謝を上げて入眠し、深部体温の十分な下降で深い睡眠を少しでも長く取得して中途覚醒や尿量を減らすことを主体にしています。

その根拠として代謝、体温調節、血液移動と血液配分、熱放散、深部体温、睡眠パターン、季節的変化などの知見データを連携させた考察にあると思います。さらに、この関連性が抗利尿ホルモンの分泌に対していかに関与しているのかを検討する価値があると思います。

そして、老人の生体機能的特徴、季節的変化をカバーできるのは、代謝を上げる習慣を作り、血液移動を起こして深い睡眠を獲得することだと思います。このような知見は、「環境温度の生理学」「体温生理学」「運動の生理学」の中からも引き出されており、睡眠と共に夜間頻尿に深く関連していることに後で気づきました。

※本記事は、2023年9月刊行の書籍『夜間頻尿の正体』(幻冬舎ルネッサンス)より一部を抜粋し、再編集したものです。