60歳以上の4割が「頻尿」の自覚あり!夜中にトイレに行く人はどれくらいいる?

自分ではどうにもコントロールできない尿意。外出時や仕事の最中、睡眠時など、時と場所を選ばず無遠慮に襲われるこの感覚に、どれくらいの人が悩まされているのだろうか?

クラシエ薬品はこのほど、全国の50代~70代以上の男女600名を対象とした「尿トラブルに関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。

image

60歳以上の男女のうち、4割以上が「頻尿」の自覚アリ

50代~70代以上の男女に、自分が頻尿だと思うか尋ねたところ、全体の約4割が「そう思う」もしくは「ややそう思う」と回答した。頻尿を自覚している割合は、年齢が上がるにつれて増加しており、60代以降では40%を超える結果となった。

頻尿の改善意向は、60代が最多の83.7%

前述の質問において、自分が頻尿だと思うと答えた人に対して、頻尿を治したいと思うか尋ねたところ、全体では79.8%が「そう思う」もしくは「ややそう思う」と回答し、約8割の人に改善意向があることがわかった。

最も高かったのは60代で83.7%にも上った。前問では、頻尿を自覚している人の割合が60代以降から増加する傾向にあったが、60代では現役で働いている人も多く、改善意向の高さにつながっていると考えられる。

60代・70代の6割以上が「夜間頻尿」を経験

続いて、夜間に排尿のために起きることがあるか尋ねた。1回以上起きると答えた人の合計では、50代でも53.0%となったが、60代では62.0%、70代以上では66.0%と6割を超える結果となった。

「夜間に排尿のために1回以上起きる」症状のことを「夜間頻尿」と呼ぶ。夜間頻尿は睡眠不足を引き起こし、昼間に眠気を感じて仕事に集中できないなど、日常生活に支障を来す可能性の高い症状のため、注意が必要だ。

尿に関する悩みは“外出中の不安”や“睡眠時の不安”が多数

排尿や尿意で困っているという人に、具体的にどのようなことで困っているのかを、自由記述形式で尋ねたところ、長時間の移動時や映画を見ているときなど、「外出中」の不安に関する意見が多く寄せられた。また、夜間頻尿に関する意見も多く、熟睡できない・寝不足になるなどの回答も多く見られた。

尿に関する悩みごととしては、以下の具体例が挙げられた。

■外出時の不安

・外出した時にトイレが見つからないととても困ります(女性・70歳以上)
・排尿間隔が狭いため、旅行など長時間移動の際に困る(男性・70歳以上)
・長時間の映画が鑑賞できない(男性・60代)

■睡眠時の悩み

・夜中または朝方に起きた後、眠れないことがある(男性・50代)
・長い時間眠ることができない(男性・60代)
・ぐっすりと眠れない(女性・60代)

■その他の回答

・仕事中に尿意を催す(男性・50代)
・冬が特に酷く、漏れそうになる事がしばしばある(男性・50代)
・排尿の後で尿漏れがする(男性・70歳以上)

<調査概要>
調査対象:全国の50代~70代以上の男女600名(有効回答数) 
調査期間:2023年9月11日~12日
調査方法:インターネットアンケート/クラシエ調べ

出典元:クラシエ薬品株式会社

構成/こじへい