健康 健康診断の数値でチェック!自分が脂肪肝かどうかを知る方法とは?【痩せるお酒の飲み方】

image

「肝機能検査」の数値を見てみよう!

肝細胞に含まれるALT、AST、γ -GTPの3つの酵素の数値を調べると、脂肪肝の可能性があるかどうかがすぐにわかります。

ALT(GPT)【一般的な基準値】 10~30U/L
【理想値】 5~16U/L
アミノ酸をつくるときに使用される酵素で、糖質のとりすぎで最初に上昇するのがこの数値です。肝細胞が破壊されると血中に漏れ出すため数値が上がって行きます。

AST(GOT)【一般的な基準値】 10~30U/L
【理想値】 5~16U/L
アミノ酸をつくるときに使用され、肝臓や筋肉に含まれています。筋肉が破壊されたときも数値が上昇するためALTの数値との比較で見るます。

通常時は一定量のALT とAST が血液中を流れていますが、炎症により肝細胞が壊れると、ALT やAST が過剰にあふれます。そのため、これらの数値が高いと脂肪肝の可能性が考えられるのです。

健康診断の検査項目にもある「肝機能検査」の数値から脂肪肝の原因も推察できます。肝細胞に含まれているALT、AST、γ-GTPの3つは、肝臓におけるたんぱく質の代謝に関わる酵素。ALTとASTは炎症によって肝細胞が壊れることで血液中に染み出し、数値が上昇します。つまり、肝臓にダメージがあると、この2つが高くなりがち。両方とも一般的に10~30U/Lが基準値とされますが、16U/Lを超えてしまうと肝臓に脂肪がたまり始めているサインです。

また、脂肪肝の原因がお酒なのか糖質なのかも、ALTとASTの数値の比較によってわかります。ALTのほうが高ければ糖質、ASTのほうが高ければお酒が原因。アルコール性肝障害で上昇するγ-GTPの数値もあわせて判断します。

出典:『内臓脂肪の名医が教える痩せるお酒の飲み方』

【書誌情報】
『内臓脂肪の名医が教える痩せるお酒の飲み方』
著:栗原 毅

ダイエット中は痩せるために禁酒すべき、とよく言われますが、一生太らないための“長く継続できる健康管理法”という点では、禁酒を前提にしたダイエットはお酒好きにはハードルが高くなってしまい、結局挫折してしまうということも。
そんな痩せたいけどお酒も楽しみたい!という人に向けて、40年以上脂肪肝などの内臓脂肪を研究してきた肝臓専門医の著者が考案した最強の『自動痩せ飲酒プログラム』を紹介します。そもそも人間が太ってしまう原因は“脂肪肝”にあります。脂肪肝とは脂肪が肝臓についてフォアグラ状態になってしまっていることで、その状態になると痩せるための代謝機能は半減し、生活習慣病などのリスクも上がります。
本書ではそんな脂肪肝をお酒を飲みながらでも改善し、痩せていく体を手に入れるための飲み方を解説します。
プログラムの内容は、いつもと飲む量は変わらないのに自然と酒量が減る『満腹ハイボール』を作ったり、割りものを変えるだけで脂肪燃焼できる○○ハイを作る、プロのバーテンダーが教えるスパイスを使った痩せるお酒の作り方、
飲む前に食べるだけで血糖値の急上昇を抑えて太りにくくなるおつまみを食べる、などなど誰でも簡単にできるものばかり。
さらに飲んだ後に絶対やるべき痩せるための最大のアフターケア『歯磨き&舌磨き』の方法まで解説。
好きなお酒を楽しみながら、でもしっかりと痩せていくための方法を図解、イラストでわかりやすく解説する一冊です。