「日産サクラ」の爆売れが止まらん!! 実質150万円台の低価格だけじゃない……ヒットの秘密は「2台目需要」にあり

image

 売れに売れているサクラ。納期も短くなってきたこともありその販売状況は落ち着くこともなく堅実に推移している。しかしいくら軽自動車規格とはいえ、日本ではまだ馴染みの薄い電気自動車。サクラはなぜここまで売れるのか??

文:ベストカーWeb編集部/写真:日産、編集部

■日産サクラは補助金で猛烈に安くなる

ツートンカラーなどおしゃれな軽自動車のサクラ。EVっぽさが薄いのもいい
ツートンカラーなどおしゃれな軽自動車のサクラ。EVっぽさが薄いのもいい

 日産サクラの勢いがとまらない。2023年8月の販売台数は2419台。同じ日産のデイズが3504台、ルークスが4610台だから一見するとサクラの台数はまだまだ弱いようにも見える。

 ただ考えてほしい。完全な電気自動車(EV)であるサクラがこの販売台数を維持しているのは、EVが定着しにくい日本で考えたら凄まじい数字だ。ここまでサクラが売れている理由は軽自動車規格だということに他ならない。家族1人に対してクルマ1台の地域も多くあるが、通勤や通学など往復20~50km程度の使用用途のケースは非常に多い。

 それであればEVは経済性にも優れるし、維持費も節約でき、さらにネガである航続距離や充電の心配もほぼ要らない。軽自動車規格だから狭い道などでの運転への不安もない。これだけ条件がそろえば売れるのは間違いなかったわけだ。

 しかも254万8700円のスタートプライスも、国からの補助金(55万円)、そして自治体からの補助金(東京都なら55万円)を引けば150万円を切る価格になる。さらに太陽光発電などで増額申請をすればプラス15万円の補助も受けられる。アッというまに130万円台の軽自動車になってしまう。

 軽自動車市場にはN-BOXなどスーパーハイトワゴンの強力なライバルがいるものの、ライバルが150万円近辺がスタートプライスなのを考えれば安価なサクラの魅力に心が傾く人も多いだろう。