【まとめ】東山氏年内引退・社名変更せず・藤島氏涙・噂あった ジャニーズ会見のポイント

image

故ジャニー喜多川氏による性加害問題を受け、9月7日午後2時から午後6時過ぎまで、4時間以上にわたり、ジャニーズ事務所による初めての会見が行われた。会見には、藤島ジュリー景子前社長、所属タレントで新たに社長に就任した東山紀之氏、井ノ原快彦氏、事務所顧問である木目田裕弁護士が出席した。

藤島社長は黒いスーツに眼鏡姿、東山氏は濃紺のスーツにグレーのネクタイ、井ノ原氏は紺色のスーツに紺色のネクタイ姿で、いずれも厳しい表情だった。

会見のおもなポイントは以下の通りだ。

ジャニー氏の性加害を認定

最初に藤島前社長と東山新社長が並んで挨拶した。

藤島氏は「ジャニー喜多川に性加害はあったと認識している。被害者の方々に心からお詫び致します」と謝罪した。また全ての関係者にも謝罪した。

会見冒頭で頭を下げる東山新社長と藤島氏
会見冒頭で頭を下げる東山新社長と藤島氏

その上で、特別チームの提言を受けて9月5日をもって、代表取締役社長を引責辞任したと発表した。新しい代表取締役社長は東山氏だと正式に発表した。

さらに被害者には補償を行う事も表明した。被害者への補償を責任をもって全うするために当面の間代表取締役としてとどまり、保障や救済、所属タレントの心のケア以外の業務執行には関わらないという。

新社長となった東山氏は「喜多川氏の性加害を認め謝罪させて頂きます。被害に遭われた方々、本当に申し訳ないく思います」と繰り返し頭を下げた。

東山新社長は年内で引退 社長専念へ

東山新社長は「年内をもって表舞台から引退します。今後の人生をかけてこの問題に取り組んでいく。ファンの皆様、取引先の皆様、社会の皆様、重ね重ねお詫び申し上げます」と述べた。

さらに外部専門家による特別調査委員会の報告書のなかで、性加害が行われていた時から役職員が見て見ぬふりをしていたとの指摘があった事について「この点について深く深くお詫び申し上げます」と述べた。

補償についても真摯に向き合うとしている。

ジャニー氏の性加害については「人類史上、最も愚かな事件」という強い言葉で非難した。

さらに外部からチーフコンプライアンスオフィサーを招聘するなど、徹底した再発防止策を考えるとしている。

「ファンの皆様、全ての所属タレントのために信頼を取り戻すべく全力で取り組みます」「長きにわたって深い傷を負わせてしまったこと、信頼を取り戻すのは時間がかかりますが、命をかけてこの問題に取り組みます」と述べた

東山紀之氏は1966年生まれの56歳。神奈川県出身で、1979年にジャニーズ事務所に入り、1985年に19歳で少年隊として「仮面舞踏会」でデビューした。

所属タレントの中でも最古参で、現在は情報番組のメインキャスターなどを務めるほか、10月からは主演舞台が、年末にはディナーショーが予定されているが、年内で芸能界を引退することになった。

性加害「噂としては聞いていた」「被害受けたことない」

東山新社長はジャニー氏による少年たちへの性加害について「恥ずかしながら、何もできず何もしておりませんでした」と述べた上で「噂としては聞いておりました」とした。

また、自身について「被害を受けたことはない」と明らかにし、「性加害の現場に立ち会った事もなく、先輩たちからも後輩からもなかった。自ら行動することは出来ずにいた」と述べた。

また会見に同席した井ノ原快彦氏は、「僕は小学校6年生で事務所に入った。その時すでにそういう本(暴露分)があって、そうなのかな、という噂はしていました。そうなったらどうしようという話しもしていました」と述べた。

その上で「被害者が相談できない空気があった。だから告白するのが今になったと思います」と当時の様子を語った。

さらに当時の心境として、「僕らの関心事は、小学生中学生なので、歌がうまくなりたい、デビューしたいという気持ちが強かった。そんなときに、小学生や中学生の自分たちが、おかしいんじゃないかと言えなかったのは後悔していますが、得体の知れない、触れてはいけない空気というのはありました」と語った。

会見で発言する井ノ原快彦氏
会見で発言する井ノ原快彦氏

井ノ原快彦氏は1976年生まれの47歳。1988年にジャニーズ事務所に入り、1995年にV6のメンバーとしてデビュー。現在は歌手の他に司会なども務める他、2022年には、ジャニーズ事務所の関連会社で、若手の育成などを行う「ジャニーズアイランド」の社長に就任している。

「ジャニーズ事務所」名称変更せず

東山新社長は、ジャニーズ事務所という名称を変更するのか問われると「そのことに関しましても議論はしました」「やはりこれだけの犯罪ですから、これを引き続き名乗るべきなのか、いろんな解釈がみんなの中にもあると思いますし、ただ僕が思いましたのはジャニーズというのは創業者の名前でもありますが、何よりもこれまでタレントさんが培ってきたエネルギーだとかプライドだとかの表現のひとつとしてとらえても良いのではないかと思っています」と述べ、事務所の名称は変更せず、「ジャニーズ事務所」を名乗り続ける姿勢を見せた。

ジャニー喜多川氏を連想させる「ジャニーズ事務所」という名称は変更しない事にジャニー喜多川氏を連想させる「ジャニーズ事務所」という名称は変更しない事に

これについて、「社長の交代と被害者の補償だけで十分なのか?提言にあった解体的な出直しなのか?」との厳しい質問を受けると、東山新社長は「答えをすぐに揃えるのは現実問題難しい。歩まないとスタートできない。それをみんなで何が正しいのか探りながら踏み出していきたい」と苦しい胸の内を語った。

その上で、「頭だけ変えたら良いのかという。でも何かを変えないと始まらない。僕も初めての経験ですし、どうなるのか予想もできないです。被害者はかつての仲間。まずは引き受けること。何が正しいのか分かりませんが、まずはやらないといけないと思います。」と決意を述べた。

だた、「社名変更の余地はあるのか?」と記者に詰め寄られると、東山新社長は「それはあります」と述べ、含みを持たせた。

ファンへの思い問われ藤島前社長が涙

また、ジャニー氏による性加害を事務所として正式に認めた事などを受けて、記者から「ショックを受けているファンもいるかもしれない」としてファンへの思いを問われると、代表取締役社長を辞任すると発表した藤島ジュリー景子前社長は時折涙声になりながら語った。

涙ぐむ藤島ジュリー景子前社長
涙ぐむ藤島ジュリー景子前社長

藤島前社長は「ファンの皆様には、本当に感謝の気持ちしかございません」と話すと、声を詰まらせ、「本当にご理解して頂きたいことは、みんながそういう事があってスターになったのではなく、本当に一人一人が努力して勝ち取った地位なので、そこだけは失望して頂きたくない」と、所属タレントたちについて語った。

その上で「安心して応援してやって頂きたいと心から思います」と述べ、涙ぐんだ。

藤島社長が持つ事務所の株式100%の行方

藤島氏は5日付けで社長を引責辞任したが、被害者への補償などの対応に当たるとして当面代表取締役にはとどまる上、ジャニーズ事務所の株式を100%保有している。
この株式については「今後、新経営陣と相談していきたい」と述べた。

藤島氏は「私は100%株主だが、色々なことを決めていく上で、代表取締役でいて、補償について議論していく立場である方が良いと判断した」と説明。
「補償が速やかに進めば代表取締役から降りることは考えている」と述べた。

また「今の時点では私が100%の株を持っていることが補償についても非常に進めやすいと考えている」とし、保有株を今後どうするかについては「まだ何も始まっていないので申し上げることは難しい」と述べた。

また、報告書で同族経営が問題であると指摘されたことについて「どういうふうにしていくことが一番良いかは、新経営体制ともご相談しながら、いろいろと協議していきたい」との考えを示した。

さらに記者から「藤島社長の院政が続くのでは?」との質問に対して、「院政を敷くつもりはまったくない。任せた以上は東山に会社を引っ張っていって欲しいと思っています」と否定した。