投稿 の煩悩の死よりも先に、膝の死が来る88ヶ所巡り〜宮崎県宮之浦地区の旅〜タイトルを入力します。

image

郁@書くことが好き。 郁@書くことが好き。

郁です。
突然ですがみなさん、煩悩に振り回されていませんか。
あ、あ、逃げないで!
怪しい宗教とかじゃないから!
ちょっと話だけ聞いて!
(怪しさ満点の前振り)

そうだ、88ヶ所巡りだ。

人間には88の煩悩があるといわれています。
多いですね。
ちなみに私の煩悩は、美味しいものをたくさん食べたいけど痩せたいし、寝てたらお金が入ってくる生活がしたいです。
つまり、ナマケモノになりたい。

ナマケモノに失礼だって?
大変失礼しました。
とりあえずでも、コロコロしながら生きていきたいです。

しかしですね、そんな煩悩のかたまりのような私に、ぴったりなものがあるのでした。
それは、八十八ヶ所巡礼。

八十八ヶ所巡礼とは、四国霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消え、願いがかなうというもの。
徳島阿波(発心の道場1番から23番)、高知土佐(修行の道場24番から39番)、愛媛伊予(菩提の道場40番から65番)、香川讃岐(涅槃の道場66番から88番)に至る1450キロを巡拝し、最後に高野山に向かいます。

これは、別名「お遍路」や「お四国さん」ともいわれ、四国を代表する文化の1つ。
巡礼には徒歩で40日程度、車で10日前後の日程が必要といわれています。
なかなかに…体力と気力が必要です。

しかし、宮崎県延岡市に、あるんです。
88ヶ所巡りが。

神社・仏閣めぐり | 延岡観光協会nobekan.jp

延岡市内から30分で行ける、北浦というところ。
その宮之浦地区という集落には、毎年旧暦の3月21日に開催されている88ヶ所お大師さん巡りの行事があるんだそうです。

江戸時代の後期。
宮野浦地区では疫病や火災が頻繁に起こったそうです。
そこで、宮野浦の中野忠五郎という方の発願で、四国霊場八十八ヶ所を勧請。
文政2(1819)年に、四国八十八ヶ所の土と延岡で刻んだ石仏を船で搬入したのが由来と伝えられています。

画像

5時間の山登り。煩悩が死ぬより先に、膝が死ぬ。

さて、何ごとも見通しを立てていないと不安な私。
リサーチしました。

・全工程は12km、3〜4時間
・アップダウン激しい山登り
・整備はされているものの、なかなかハード

ネットにはこのような情報が転がっていました。
年1のえびの高原ハイキングしか行かない=山登りの経験はほぼなし、の私。
しかし、トレイルランニングの番組とかを観るのが好きなので、山登りを舐めると地獄をみるというのだけは知っていました。

ので、服装や飲み物などはできる範囲で揃えていきました。

服装
トップス:Tシャツ+長袖の上着(ランニング用)
ボトムス:ショートパンツ+ロングタイツ(ランニング用)
帽子
お茶:2本、チョコ、おにぎり
タオル、ビニール袋、絆創膏、スマホ、財布、モバイルバッテリー、替えの靴下

失敗したのが、登山用の靴ではなかったこと。
前日の雨で滑りやすくなっていたので、登山用の靴にすべきだったと思います。

長袖は持っていって正解でした。
山って、結構ひんやりする箇所があるので、山登りの際は必須かなあと思います。

さて、小さめのリュックとともにスタート。
ちなみに、登山のお供の補助棒は貸し出してもらえました。
これがないと、ちょっと厳しいと思います。

画像スタートはここから

スタートは、集落の中から。
途中、通路を清掃してくださっている集落の方に出会いました。
こうした方々によって、私たちの安全は守られています。

画像画像

道しるべが各所に用意されているので、それに従い、進みます。

画像

段々と、山登りという感じに。
道中がかなり険しく、「これ、88ヶ所走破できるか…!?」と少し不安になり始める。
山登りの経験が何度もある父も、不安を口にしていたので、さらに不安に…
しかし、山道は険しく、88ヶ所コンプしないことにはどうにもならないと思い、ひたすら足を進めます。

画像画像画像画像画像

何がしんどかったかというと、登って降りて、「これで登りは最後かな」と思ったら、また登りが現れること笑
70箇所目あたりでは、もう膝から下に力が入らなくなっていたので、そこで登りが現れると、笑いが止まらなくなっていました笑

画像画像画像画像

ただ、技術がない代わりに体力には無駄に自信がある方なので、なんとかまわりきれました。
あと、道中はけっこう大変だったけど、途中から「ここ滑るなあ…この石に足を置いてみたらいけるかな?」とか考えるのが楽しくなってきて、「RPGっぽい!ティアキン!そうだティアキンっぽい!」とはしゃいでいたゲーマー35歳…笑
なんだろう、登山って頭を使うんですよね。
「あっちに足を置いたら、滑らずに行けるかな」とか、「ここから先しんどそうだから、ちょっとゆっくりめに歩くか」とか。
それが楽しかったかな。
体はぼろぼろですが笑

画像

もう今日は、1歩も動きたくはありません。
ただ、87ヶ所目、88ヶ所目では、管理人の方がいらっしゃって、特別に仏様を見せてもらえました。
写真は撮れなかったんだけど、なんかこう…管理人さんの優しさに触れて、頑張って良かったなあと思えました。

画像YAMAPより。ぐるっと回ったよ。

道のりが…長い…!
たぶん、3〜4時間って書いてた方は、登山慣れした方だったのかもしれません。

なかなかにキツかったので、体力にあまり自信がない方は、体力をつけてから行かれるのをおすすめします。

漁港の町・宮之浦。
山の上からは海が見え、山登りの途中、潮の匂いがする町でした。

おわりに

たぶん明日は、使い物になりません笑
とりあえずアンメルツ塗っときました。
あとはストレッチをして、今日はゆっくりします。

煩悩ですか?
道中、煩悩のぼの字も浮かびませんでした。
煩悩より先に、膝の死が来たんよ。